いよいよ今週の1月10日(日)から、NHK大河ドラマ『真田丸』が始まりますね。

真田丸の主人公は、あの人気武将・真田信繁(幸村)です。

真田幸村は、とっくに大河ドラマでやっててもおかしくない人物なんですが、実は今回初です。

私もそうですが、多くの人が楽しみにしてるんじゃないでしょうか。

という事で今回は、NHK大河ドラマ『真田丸』のあらすじから、真田信繁(幸村)の初恋の女性・堀田作兵衛の妹で、真田信繁の最初の子どもを産む『梅』役を演じる黒木華(くろきはる)さんのプロフィールや、そのかわいいCM動画をご紹介していきます。

NHK大河ドラマ『真田丸』のあらすじ

黒木華

黒木華

それでは早速、NHK大河ドラマ『真田丸』のあらすじを見ていきましょう。

室町幕府が滅亡し、全てが白紙に戻った混沌の戦国時代。

大名から土地に根ざして暮らす庶民まで、誰しもが日々を生きていくのに必死でした。

「ひらめき」「知力」「体力」「統率力」そして、「運」…。

他人とは違う何かを手にした者だけが、次の生存競争に進むことができる。

明日は誰が生き延びるのか、誰にも予見することのできない時代でした。

信濃の一領主に過ぎず、大きな力を持たぬ真田家は、父・昌幸の天性の勘と武略を頼りに戦国をギリギリで生き抜いていきます。

その背中を見て成長していく、信幸と信繁。

兄弟でも殺し合うことが日常茶飯事の戦国時代において、彼らは最後に豊臣方、徳川方と敵味方に分かれてもなお、家族を思う気持ちを決して忘れませんでした。

戦国時代において、真田伝説がひときわ魅力的なのは、それが家族愛の物語でもあるからです。

そんな日々を通じて、家族や仲間を助けるためには、どんな窮地にあってもあきらめない、不屈の名将・真田信繁が育っていきます。

中流というべき家柄の、好奇心たっぷりの次男坊は、いつしか徳川家康をも脅かす伝説の存在に…。

という、戦国中流家族「真田」の、愛とサバイバルの物語となってます。

戦国武将・真田幸村のファンって、かなりの数がいるので、今回のNHK大河ドラマ『真田丸』は、爆発的な人気となるのではないでしょうか。

黒木華のプロフィール

黒木華

黒木華

今回のNHK大河ドラマ『真田丸』で、真田信繁(幸村)の初恋の女性で真田信繁の最初の子どもを産む『梅』役を演じる黒木華(くろきはる)さんのプロフィールを見ていきましょう。

【名前】黒木華(くろきはる)
【生年月日】1990年3月14日(25歳)[2016年1月5日現在]
【出身地】大阪府
【身長】164cm
【血液型】B型
【所属事務所】パパドゥ

はい、まず最初にいっておきますね。

黒木華と書いて、くろきはると読みますからね。

くろきはなじゃないですからね

これ、結構間違えて覚えてる人がいるので、人前で話す時は気をつけて下さいね。

所属事務所は『パパドゥ』なんですが、あまり聞き慣れないという人も多いんじゃないでしょうか。

でも所属タレントには、俳優の江口洋介さんや瑛太さん、女優の濱田マリさんなど、皆が知ってる有名な人が結構いますよ。

で、黒木華さんなんですが、ここ数年、毎年ドラマや映画に出演しています。

毎年出演し続けるというだけでもすごいのに、毎年なにかしらの賞を受賞しています。

去年、2015年はドラマ『天皇の料理番』で。

一昨年、2014年は映画『小さいおうち』で。

2013年は、映画『舟を編む』と、映画『草原の椅子』で。

私も映画やドラマが好きなので、上の四作品はすべて見てますが、黒木華さんやっぱり演技力が高いですね。

今回、NHKの大河ドラマ『真田丸』に抜擢されたのも、やはりその演技力の高さを買われたのではないでしょうか。

黒木華のかわいいCM動画

Sponsored Link

そんなかわいい黒木華さん。

CMでもちょこちょこ見ますよね。

今回はさわやかな黒木華さんが見れるCM動画をご用意しました。

CMは、15秒や30秒といった短い時間なので、さすがに演技力まではなかなか分かりにくいですが、黒木華さんのかわいさは十分伝わってきますよ。

それでは、サントリー・オールフリーの『虹をかける』篇をどうぞ。

サントリー・オールフリー『虹をかける篇』

 

黒木華さんって、素朴な感じがなんとも言えずかわいいですよね。

きっとその自然なふるまいや動きが、映画やドラマで絶賛される一つの要因なんでしょうね♪

まとめ

いよいよ始まるNHK大河ドラマ『真田丸』。

一応、放送時間のおさらいです。

日曜日[BSプレミアム]午後6時00分~6時45分
日曜日[NHK総合]午後8時00分~8時45分
土曜日(再放送)[NHK総合]午後1時05分~1時50分

となってます。

NHK大河ドラマ『真田丸』は、全部で50回ありますので、番組名で予約録画をしておくことをお勧めします。

主人公、真田信繁(幸村)を演じる堺雅人さんにも注目ですが、梅を演じる黒木華さんなど、周りの出演者も要チェックですよ。