潘めぐみが”ミドニンジャー”になるだと!?親の七光りとかコネとか違うから

つい先日、2月7日に最終回を迎えた特撮ドラマ『手裏剣戦隊ニンニンジャー』

歳も歳なので見ないですが、子供がキャッキャキャッキャ言ってるのを見ると、自分も昔あんなだったなぁと昔を懐かしく思います。

そんな『ニンニンジャー』に声優でお馴染みの潘めぐみさんが、スピンオフ作品に”ミドニンジャー”として登場します。

ということで今回は、声優の潘めぐみさんについて潘めぐみさんが『手裏剣戦隊ニンニンジャー』のスピンオフ作品に大抜擢されたことについて。

そして、潘めぐみさんが一部ネット上で、”親の七光り”だとか”コネ”とか言われてるので、それについて少しお話していきます。

潘めぐみのプロフィール

潘めぐみ

潘めぐみ

まずは潘めぐみさんの簡単なプロフィールから見ていきましょう。

【愛称】グミたん・潘ちゃん・ハンメグ
【生年月日】1989年6月3日(26歳)[2016年2月9日現在]
【出身地】東京都
【身長】155cm
【血液型】O型
【趣味】お菓子作り・カラオケ
【所属事務所】アトミックモンキー

趣味にカラオケってありますが、このカラオケ、普通のカラオケではありません

ヒトカラです

ちなみにヒトカラとは、友達とかとカラオケに行っても、別々に部屋を借りて”一人でカラオケをする”ことを言います。

みんなで歌ったほうが楽しいじゃん♪

って思うかもしれませんが、人によって感じ方や考え方が違いますからね。

ちなみに私、ヒトカラ未経験なので、ちょっと1回やってみたい感あるんですよね~。

と、すいません、話を戻しまして、潘めぐみさん、実は2008年に声優ではなく、女優でデビューを果たしてるんですね。

そして、潘めぐみさんといえばやっぱり、アニメ『HUNTER×HUNTER』の主人公・ゴン=フリークス役ですよね~。

その時のオーディションの参加者は100人を超してたんですが、スタッフ満場一致で選ばれました。

うん、アニメ見てても違和感なくす~っと入れましたね。

満場一致も納得です。

そして、他にもアニメ『ハピネスチャージプリキュア!』で、白雪ひめ(キュアプリンセス)役や、アニメ映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』でシャアの少年時代、キャスバル・レム・ダイクンの妹、アルテイシア・ソム・ダイクン役にも起用されました。

やはり、アニメ『HUNTER×HUNTER』で主人公・ゴン=フリークスの声を担当した影響が大きいんじゃないでしょうか。

一気に声優としての地位・位置を確立しましたね。

でも、ゴンの声が浸透しすぎてしまったために、今後の役の幅がちょっと心配ですね。

潘めぐみが『ニンニンジャー』の”ミドニンジャー”に大抜擢!

潘めぐみ

潘めぐみ

そんな潘めぐみさんが『手裏剣戦隊ニンニンジャー』で、久しぶりに声優ではなく、女優として活躍します。

6月22日に『手裏剣戦隊ニンニンジャー』のスピンオフ作品として、『帰ってきた手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンガールズ VS ボーイズ FINAL WARS』が発売されます。

その作品で潘めぐみさんは、九重ルナ役・ミドニンジャーとして登場するんですが、ミドニンジャーは、テレビ版では登場することのなかった、”7人目のニンニンジャー”。

そのため、新たなニンニンジャーが登場するということで、アニメの展開も結構面白くなりそうということで、ネットでも話題となってます。

どういう騒動を巻き起こすのか、展開も楽しみですね。

潘めぐみは”親の七光り”とか”コネ”とかじゃないから

Sponsored Link

そんな潘めぐみさんなんですが、一部ネットで”親の七光り”だとか”コネ”とか言われてるんですね。

その理由として、母親が潘恵子(はんけいこ)さんということがあります。

はい、ガンダムファンなら知ってますよね。

ララァ・スン役の方です。

そういったことから、親の七光りだとか、コネで役をもらったとか言われてるんですね。

声優だけに限らず、芸能人でも二世タレントの方って結構いますよね。

親の七光りも多少はあるかもしれませんが、でもそれって本人がそれをアピールしているわけではなく、周りが言ってる、煽ってるだけですよね。

そして、コネで役をもらえるほど芸能界って甘く無いです。

チョイ役ならまだしも、主役級とかマジありえないです。

ネット上でもそれをわかってる方はたくさんいるので、一部の心ない声に負けずに今後も頑張って行って欲しいですね。

まとめ

声優は声のみのお芝居ですが、女優となると声だけじゃないですからね。

ミドニンジャー役では、一体どんな演技を見せてくれるのでしょうか。

女優もできるぞ!!ってとこをぜひとも見せて欲しいですね。

コメントを残す

このページの先頭へ