10月22日(月)~10月25日(木)に日本放送・オールナイトニッポン内で放送された、『浜辺美波 真夜中のシンデレラ』。

今回は、美波ちゃんが特技を発表してくれました。

その特技がなんと!

ドラえもんののび太と一緒のモノだというから驚きです!

 

あと、

「えっ?まじで?嘘でしょ?」

という、意外すぎる欠点も暴露してくれました。

 

ということで今回は、ドラえもんののび太と一緒だという浜辺美波ちゃんの特技や意外すぎる欠点について。

そして、10月22日~10月25日に放送された『浜辺美波 真夜中のシンデレラ』の全体の内容についてご紹介していきます。

浜辺美波の特技はのび太と一緒!?欠点は寝相?

浜辺美波ちゃんがドラえもんののび太と一緒だという特技を語ってくれたのは、10月25日(木)24:53-24:58放送の『浜辺美波 真夜中のシンデレラ』ででした。

今回は、特技だけではなく、意外な欠点・寝相についても語ってくれました。

私は寝るのすごく好きなんですけど、最近お腹すいて起きちゃうんですよね。

だから前よりは寝る時間短くなってるな~とは思いますね。

理想は、8時間くらいがやっぱり理想ですかね~。

とはいえ無限に寝れるようなそういうのも欲しいですよね。

と、寝るのが好きなことを語った美波ちゃん。

 

そして、

私、どこでも寝られるんですよ。

本当に。

特技ですね。

小さい頃からおばあちゃん家に行く30分とか1時間の車の中は、車に乗って5分で寝れて、あっという間に過ごすことができるっていうのがありまして、車で旅行に家族で出かける時とか、5時間6時間普通に乗ってられますね私は。

得意なんですよ。

好きなんですよね。

と、どこでも寝られるという特技を語ってくれました。

ちなみに、アニメ・ドラえもんののび太の特技も、どこでも寝られることです♪

 

あと美波ちゃん、車に乗って5分とか、めっちゃ寝入るの早っ!

これはもう特技と言っていいんじゃないんでしょうか。

ちなみにのび太の寝入るまでの時間は0.93秒です!

まっ、これはアニメの世界ですからね(^^;

 

そして、特技と一緒に、欠点も語ってくれました。

ただ欠点がありまして、もうこれは本当に欠点だなと思うんですけど、あの、首が動いちゃうんですよ。

こうじーっと

「あれ?寝てる?瞑想してる?」

みたいなそういう寝方じゃなくて、

「いや寝てるなこの子」

っていう寝方をしちゃうっていうか、首が座ってない感じになっちゃうっていうか、こうリズムを刻むと言ったらまだ言い方がいいですけど、後ろに行ったりとか前に横に行ったりとか、

「この子首取れちゃうんじゃないか?」

っていうぐらい首をグルングルン回しながら寝ちゃうんですよね。

もちろん自分では気づいてないですよ。

だから最初聞いた時は、

「嘘だろ!?」

って思ったんですけど、動画とかで撮られたりとかして、

「あっ、ちょっとこれはまずいぞ」

と思うくらい、本当にに寝相が悪くて治したいんですよ。

これが良かったら私は本当に無敵ですよ。

色んな所で寝れるから無敵な状態になるんですけど、これに関してはどうすればいいのか解決策が思い浮かばないです。

ぜひあったら教えてください。

と、寝相が悪いという、意外な欠点を語ってくれました。

たまに電車とかで、首をコックリコックリグルングルンさせてる人いますよね。

美波ちゃん、どうやらそのタイプのようです(^^;

信じられなくて、その寝ている様子を動画で撮るっていう気持ち、めっちゃわかりますw

「いやいや、それはないない。そんな大げさに言ってるだけでしょ?」

って、自分(本人)は思っちゃうんですよね~。

でも実際にその動画を見て、自分がドン引きするという…。

皆さんも一度自分の寝ている姿を撮ってみると、意外と面白いかも知れませんよ♪

 

10月22日~10月25日放送の『浜辺美波 真夜中のシンデレラ』

それでは、10月22日~10月25日に放送された『浜辺美波 真夜中のシンデレラ』のトーク内容です。

 

10月22日(月)24:53-24:58放送『浜辺美波 真夜中のシンデレラ』

10月22日(月)は、美波ちゃんの地元・石川の方言について語っていました。

美波ちゃんの地元・石川県の方言について、リスナーさんから

「浜辺さんは石川県出身と言っていましたが、石川の方言ってどんな感じですか。北陸の方言はあまり聞かないので教えて欲しいです」

という質問が冒頭にあり、それに対し美波ちゃんは、

そうですね。

北陸と言っても、富山・福井のみなさんとちょっとずつ違うとは思うんですけど、石川だと濁点が多いことがちょっと特徴かなと思います。

「ご飯食べない?」

っていうのを

「ご飯食べんが?」とか。

「必死になって勉強している」

「がっぱになって勉強している」。

“必死”を”がっぱ”って言ったりしますね。

あと~、

「ありがとう」

「あんやとう」

って言ったりとか。

結構これは可愛らしくって、たまにみんな言うと、可愛いなーって思いますね。

私学校では、話しやすいので石川弁結構使ってるんですね。

まっ、金沢弁ですね。

結構使ってるので、ぜひ石川に旅行に来てくださった際には、そういうところにも注目していただけたらちょっと楽しいのかなと思いますね。

と、地元・石川弁について語ってました。

“がっぱ”は、2016年9月23日に日本テレビ系列で放送された、二階堂ふみさん主演のドラマ『がっぱ先生!』で知りましたし、”あんやとう”は、ゲームで知ったので、私、意外と石川弁知ってるかもしれません。

石川県もそうだと思うんですが、北陸地方って、方言というよりなまりというか、イントネーションが独特だと思うんですよね~。

若い子と話してるとあんまり感じないかもしれないけど、おじいちゃんおばあちゃんと話してると

「こ、これ、日本語?」

って思うときがたまににあるんですよね~。

聞き返すのもあれなんで、

「うんうん。そうなんですね~」

っていつも流しちゃいますが…(^^;

でも,方言はその地方・その土地の文化だと思うので、個人的には、若い子もバンバンその地方の方言で喋っていってほしいです♪

 

10月23日(火)24:53-24:58放送『浜辺美波 真夜中のシンデレラ』

10月23日(火)は、美波ちゃんの好きな小説家・阿部智里(あべちさと)さんの『烏に単は似合わない(からすにひとえはにあわない)』について語っていました。

今回、私の好きな小説のお話をさせていただきたいなと思います。

ご紹介するのは、作家・阿部智里(あべちさと)さんの作品ですね。

この阿部さんなんですけど、2012年に『烏に単は似合わない(からすにひとえはにあわない)』という作品で、第19回松本清張賞を、史上最年少で受賞された作家さんなんですね。

この『烏に単は似合わない』という作品は、本屋さんで表紙を見て買ったんですよ。

表紙もすごくお姫様の絵が書かれていて、何か日本っぽいという、女性が好きそうな表紙で買いました。

面白いんですよね~。

王宮ファンタジーというジャンルかなと思うんですけど、『烏に単は似合わない』は、四人のお姫様が王子様に選んでもらうために競っていくというお話で、一作目はお姫様なんですけど、二作目からは他の少年の話だったり、いろんな子に焦点が当たりながら進んで行くという、すごく説明が難しいのでぜひ読んでみていただけたらなと思うんですけど。

さっき知ったんですけど、この阿部さん、小学校の頃、ハリーポッターを書いた『J・K・ローリング』さんの小説を読んだことが作家を志すきっかけだったらしいんですよ。

私これ聞いて、なんか納得しちゃって、ハリーポッターに小さい頃ハマった方が、この阿部さんの作品を読むと、ハマるんじゃないかなっていうような感じがしまして、後出しのようであれなんですけど、なんかそういう感じがするような本で。

だからハリーポッターに小さい頃ハマった人は、是非私のようにはまっちゃうんじゃないかなと思うんですね。

そう思って読むと、何かもう一度読みたくなりますね~。

と、小説家・阿部智里さんの『烏に単は似合わない』がものすごく好きなんだなぁということが、ラジオからヒシヒシと伝わってきました。

ちなみにその作品がこちらです。

ファンタジーの世界を舞台にしたミステリー作品なので、ミステリー好きな美波ちゃんが好きなのも納得です。

ただ、ファンタジー作品と思って購入すると

「えっ?なにこれ?」

ってなっちゃうと思うので、ミステリー作品だということを前提に購入・購読すると楽しく読めるんじゃないでしょうか。

 

そして、

この阿部さんの『烏に単は似合わない』は、初めて母にお勧めした本なんですけど、母は何と何とハマってくれまして、すごく面白いって言ってくれて、この作品一緒に最後まで読んでくれたんですね。

「実写化したらこの役やりたいな~」

とか話したりとか

「いやいやこの役でしょ」

とか

「いやこりゃ出来ないね~ちょっと」

とか言いながら、そのお姫様達の実写化、もしできた時の話をしたりとかして、なんかこう母とそういう話ができたのがすごく嬉しかったですね。

と、母娘で妄想し、ワイワイキャッキャッ言いながら楽しく話したことを語ってました。

これ、結構実写化の可能性あるんじゃないでしょうか。

その時は、美波ちゃん、一体どの役になるんですかね。

「この役やりたいな~」

それとも

「いやいやこの役でしょ」

それとも

「こりゃ出来ないね~」

今から妄想というか、イメトレしておくことは大事かも!?

 

10月24日(水)24:53-24:58放送『浜辺美波 真夜中のシンデレラ』

10月24日(水)は、美波ちゃんが”一人で出来ること”について語っていました。

数年前には、一人で活動する『ソロ活』という言葉も出てましたね。

みなさんは、一人でどこまでできますか。

実際に私はどこまでできるのか、スタッフさんが例を用意してくれたんですよね。

まずは、『一人でカフェ』。

これは出来ますよ。

余裕ですねもう。

 

『一人映画』。

一人映画はできますよ。

真ん中とっちゃいますもん(笑)。

真ん中とっちゃうし、真ん中で飲み物飲んで、楽しんで見るのが好きですね。

 

で、『一人カラオケ』。

これも私よくやりましたね。

8時間ぐらい私ひとりカラオケできるので大丈夫です。

 

『一人で美術館』。

一人で美術館か~。

でも本当に美術を楽しみたいなら一人で行きますよね。

 

『一人でショッピング』。

これは出来ますよ。

むしろいつもひとりですねショッピングは本当に(笑)

一人の方が落ち着きますね。

 

『一人ディナー』。

あっ、そっか。

ランチとディナーでハードル違いますね確かに。

あ~~、東京でのディナーはレベル高いですね~。

あっ、できないかもな~~。

あっ、できないかも。

50%くらいですね~。

と、ここで初めて”出来ないかも”が出てきました。

確かに、ランチとディナーじゃ、結構レベル違いますもんね。

ディナーの場所にもよるから、きっと50%ぐらいなんでしょうね。

 

続いて、

『一人でライブ』。

ライブは出来ると思いますね。

やっぱりこう、自分と同じレベルでそのライブを楽しんでくれる人ってなかなか見つからないものだと思うので、一人で行くのもいいと思いますね。

 

『一人でボーリングやバッティングセンター』。

あ~~、ボーリング私一人でやると多分のめりこんじゃって、イライラってするタイプだと思うのでやんないと思うんですけど、できると思います。

バッティングセンターやったことないんですよ。

だからこれは例外ですね。

やってみたい!行けると思います!

 

『一人旅』。

これはしたい。

北海道に一人旅したい。

 

で、究極のモノっていうのがありまして、『バーベキューと貸しボート』。

いやいやいやいや。

バーベキューはあれですけど、貸しボートですよ。

あの公園とか湖で、一人漕ぎのボートとかですよねたぶん。

いや~、楽しいとは思うんですけど、いやっ、目につくじゃないですかいろんな方の。

いや出来ないな~。

これができるように私はこれから一人を極めていきたいなと思いますね。

 

今やりたいのは、一人水族館と一人焼肉なんですよ。

おすすめされましたさっき。

と、意外や意外、結構ソロ活・一人で行動が出来ることを語ってました。

私も結構ソロ活出来る方だと思いますが、さすがにバーベキューや貸しボートはきついですね。

やっぱり周りの目が…。

でも、周りの目がなければやってみたい!

まずは手始めに、美波ちゃんがスタッフさんにおすすめされた、一人水族館と一人焼肉に行ってみようと思います♪

 

10月25日(木)24:53-24:58放送『浜辺美波 真夜中のシンデレラ』

10月25日(木)は、先程お伝えした、美波ちゃんの特技・欠点のことについて語られた回です。

 

まとめ

今週(10月22日~25日)の『浜辺美波 真夜中のシンデレラ』。

今週は、美波ちゃんの特技や欠点について。

美波ちゃんの地元・石川県の方言について。

美波ちゃんの好きな小説家・阿部智里さんの『烏に単は似合わない』について。

美波ちゃんが一人で出来ること・ソロ活について語られました。

 

ラジオはプライベートな部分がいろいろ聞けるので、ファンとしては嬉しい限りですね。

次週はどんな話が聞けるのか、楽しみです♪